So-net無料ブログ作成
検索選択

子宮鏡検査&卵管造影検査

クリニックの新年は1月4日から診察開始。
通常は生理が始まってから6~11日目の間にタイトルの検査2種類を行うが、私は12日目。先生がOK出してくれたので、検査をさせてくれました。

子宮鏡検査はファイバースコープで子宮の状態、筋腫はないかなどの確認をします。

結果はOKでした。

続いて卵管造影。
生涯で3回目。
痛みは覚悟していたのと、痛み止めの飲み薬を飲ませてくれたので、予想よりは痛くなかったです。

結果、両側ともちゃんと通ってました。


検査代…10876円。
サプリメント代…8640円。
nice!(0)  コメント(0) 

血液検査結果

前回たっくさんの項目について採血で検査をしてもらった。
12月25日(木)は、生理2~5日目に行う
『LH(黄体化ホルモン』
『FSH(卵胞刺激ホルモン』の検査をした。

前回の検査結果は3週間後と言われていたが
もうこの日に聞くことができた。

結果の中でひっかかったのは、

『TSH(甲状腺機能)』の数値が高くて
『T4』が低いのは【甲状腺機能低下】を示しているそうだ。

私は心療内科にも通っているが
ストレスで体調が思わしくないことが多いので
当然の結果が出たのかな…というところ。

今回は前回とは違い、院長先生と話すことができた。
前回の先生は心療内科の薬をやめていかないといけない…とおっしゃった。
しかし、院長先生曰く
「不妊治療している人が心療内科に通うのはざらで普通のことなので
  薬は処方された通りにきちんと飲んじゃってください。
  心配することないですよ。」  ・・・とのこと。

この先生の言葉はストレスを軽減してくれたようで
本当にホッとした。
心療内科の先生は、私が飲んでいる薬は妊娠した場合、初期には我慢して
もらう可能性がある程度で、強い薬ではないので心配ないと言われていた。

しかし、12月9日の不妊クリニックの先生に減らせと言われたので
その後の心療内科では減らす相談をして頑張ろうと思っていた。
でも、始めてみたらなんだか、大丈夫かな・・・と心配が強くなり
ちょっとストレスでもあった。

もしこれを読んで、「心療内科に通っているのに不妊治療をするなんてダメ?」と
悩んでらっしゃる方がいたら、薬の内容にもよるし是非先生に相談してみて欲しい。

さて、話が飛んだが・・・

検査結果で【甲状腺機能低下】と言われたので
●チラーヂンという薬を処方された。
一日1錠。


それから、ビタミンの数値がどれも極度に低いとのこと。
そこのクリニックの先生がオススメのサプリメントを購入した。
ビタミンをたくさん摂ることにより、元気になれるといいなぁ。


それから、DHEAという値。
これが低い。

女性ホルモンや男性ホルモン両方に影響する遺伝子の問題。
なので、これを補充するサプリメントも購入して飲むことになった。


そして、『AMH(卵巣年齢)』だが・・・
数値だけ見ると20代の結果。
卵子の数だけは、たくさんあるがこれは残留卵胞などによって
排卵されなかったものが、たくさん残っている結果だろう・・・とのこと。
ただ、全体の数は少ないので年齢相応の卵子の数は揃っているだろうってことで
こちらは安心した。

卵巣年齢が年齢より上だったら
かなり残り少ない・・・ということになるんだろうなぁ。

これは初めての検査だったので、勉強になった。



さて、次回は恐怖の『卵管造影検査』・・・もう3回目。
途中で塞がることがなければ、何回も受けなくていいのにな・・・。
痛み止めは飲ませてくれるらしいが、痛みを感じる人も少ないとか。
気が重いが、開通が確認できれば排卵しやすくなる効果もあるので
前向きに検査を受け続けよう。

3年前のたくさんの検査結果では
こんなにひっかかった項目はなかったので
やはり年齢は大事だ。
院長先生もどんどん進みましょう!とおっしゃったくれたので
頑張ろう!

診察を待っているとき
私の前の人が妊娠が判明したらしく
「本当ですかぁ~?」と言って号泣していたのが聞こえてきた。
顔も知らない人だけど、廊下で聞いていて
もらい泣きをしてしまった。
「よかったね、頑張ったもんね」と言いたいくらいだった。
いい結果が出た人がいると自分の励みにもなる。

いつか嬉し涙を自分が流せるときが来るだろうか・・・
あきらめない
nice!(0)  コメント(0) 

不妊治療再開!

このブログはもう使わない…と思いながらも残してあった。
そして、2015年、まさかの治療再開。

なんで再開?
なんだか急に周りからそんな空気がたくさん漂ってきたから。

今まで10年以上音信普通だった友達に偶然再会した。
その友達は不妊治療で辛い思いをたくさんしていて、最終的にはお二人授かった。
そして背中を押してもらった。
大切なお守りももらった。

他にもいろいろ…

考えることが多くなって、治療再開に至るまでにはたくさん悩んで考えた。
もちろん、旦那様ともよく相談してようやく重い腰をあげた。

今日、新しいクリニックに行って初診を受けてきたけれど
いまだに再開して良かったのか、自分の決断に自信がない。
最初からこれじゃダメだなぁ~

言われることはわかっているけれど、やはり先生からは年齢的に難しいと言われた。
ほんとーーーーにダメもと!
チャレンジしただけ!・・・になるかもしれないし、散財するし、
心身共に痛いこともあるだろう。

でも、やってみなきゃいけない何かに押されている気がする。
だから、今までの自分の不妊履歴をちょっと置いといて
心機一転で挑もう!

心機一転・・・と言えば、初診の今日、早速「全部の検査をやり直し!」と言われた。
2年前のデータではダメだそうだ。そりゃそうか。42歳・・・。

でも、1周期も無駄にできない!というクリニックのポリシーはありがたく、
早速、一気に検査をしてくれたので記録しておこう。

旦那様 → 精子検査。問題なし。
私    →   PRL(プロラクシン) 乳腺刺激ホルモン
(全部採血)  TSH(甲状腺機能) 
          AMH(卵巣年齢) アンチ・ミューラリアンホルモン
          感染症採決一式  B型・C型肝炎、梅毒、HIV
          精子不動化抗体  精子の運動を止める抗体
          クラミジア抗体  クラミジア感染の有無
          ビタミンD

以上、検査結果は3週間後。

初診料も含め、お会計は50000円弱かかった(>_<)
痛い出費だが、アルバイト頑張って足しにしていこう!

次回の通院は、生理が来てしまったら最中に予約を。

次の検査は ● LH(黄体化ホルモン)
         ● FSH(卵胞刺激ホルモン)   の予定。

診察券のID番号で呼ばれるところや
看護師さんが優しいところなど
クリニックはとてもいいところにめぐり合ったと思う。
nice!(0)  コメント(0) 

不妊通院ちょっと休みます

今回もリセットしました。残念です。

『ナサニール』という点鼻薬を使って 排卵を誘発させた結果
3個か4個の卵ちゃんが排卵したようだったので
ちょっと期待もふくらんでいましたが やはりダメ。

リセット後の今後 しばらく通院を休もうと思います。
理由は 【金欠】。
恥ずかしい話ですが 不妊治療自体我が家には贅沢なことでした。

お財布との協議を繰り返すことがストレスになっており
気持ちもちょっと行き詰っているところなので 
今の我が家には ちょうどいい休憩のタイミングだと思っています。

休んでいる時間の猶予がないのは 年齢的によ~くわかっています。
現在39歳。
妊娠率 どんどん低下中…。

ついでに体温を計るのも休んでしまおうと考えています。
私の場合 高温期に入っても 排卵してない!ということもあるみたいなので。

よく周りの人は ”あまり考えすぎないで…” とアドバイスしてくれますが
朝起きて真っ先にすることが 体温測定。
それが 上がったり下がったりすることで 一日の始まりでいちいち一喜一憂してしまうのです。
”考えすぎない”って 私には なかなか難しいことでありました。

今回 リセットする際も 妊娠判定日以降
*体温は高いまま
*生理も来ない…  となったら妊娠の可能性?と思ってしまいますが

*胸がもう全然痛くない… というところから リセットが間近だと確実に判断していました。

しかし もうリセット決定なのに 朝の体温が高かったら期待してしまいます。
そんなモヤモヤのまま過ごすと顔色にも出てしまい
夫婦の会話が シ~ンとなってしまったり なんとなく体調が悪くなったり…。
結局 そのことばかりが頭の思考回路を支配してしまうのです。

(前回 流産したときには 妊娠判定日以降もずっと胸が痛いままでした。
 それで 今回はリセット確定とわかっていました。)

妊娠していたい!と思うと 体温て上がっちゃうのかな…。

そんなこんなで もう体温に左右されることがストレスに感じるので
とりあえず1周期分は 休もうと思います。

もちろん だんな様は 反対しています。

そりゃ そうですよね。
自分でも 「体温くらい計っておけば?」と思うところもあります。

不妊に悩む人にとって その人が下す判断て 正解、不正解がないと思うので
相談もしづらいし 自分で判断…もしくは夫婦で判断 することが難しいですね。

友達も作りづらい…。

たぶん この記事を読んでくださった方は 客観的に
この人 ドツボにはまってるな…。って感じると思います。
うんうん 私もそう思います。

通院を休憩、体温測定を休憩することで
頭と心を少しでも解放できたらいいのですが…。

お隣の奥様が 3人目を妊娠なさったそうです。
うわぁ~ その妊娠パワー 黄金のオーラを分けて欲しいぃ~♪
nice!(0)  コメント(1) 

不妊治療は褒められない

また新周期を迎え 第1回目のクリニックに行ってきました。
次の卵ちゃんたちは ちゃんとスタンバイしてくれているようです。

夫婦共に不妊の原因が見つからない中
今回もまた血液を採って 何やら検査をしてくれるみたいです。

卵胞刺激ホルモン(FSH)とエストロゲンの検査。
前回やったのは 【排卵時】のもの。
今回は 卵子が育つ段階でのもの。

妊娠率がどんどん下がっていく 39歳の私が必死にしがみついて
通院してる中 先生もあれこれ 作戦を立てて見捨てずにいてくださることは嬉しいです。
感謝です。
正直タイミング法だけで通うのは 面倒な人なのかとかんぐっていましたので。

今回も タイミング法を希望しましたが
久しぶりに クロミッドを飲むことになりました。
先生なりの作戦なのでしょうか。
あれこれ 意見せず先生におまかせしてるので言われたとおり飲んでみます。


タイトルにあげた 「不妊治療は褒められない」

実は韓国ドラマの中に 不妊症の夫婦がでてきて
同情するというよりは とても冷静に 客観的に観ていました。

そこで 気づいたこと。

「希望を持ってね」 「考えすぎないでね」 「不妊治療より 大切なこと…」
「そのことばかり気にしてるとできないんじゃ?」…といったことを
その奥様は良く言われていました。
もちろん それらは 周囲からの心のこもった温かい言葉と受け止めていますが
あっ そういえば 頑張ってることを認めてくれるセリフってなかなかもらえないなぁ~って思ったのです。

褒めて欲しい…というわけではないのですが 否定されたくないって感じかな。
「頑張ってるねー」とか言われたいのか?私。
子供だな。

やっぱりまだまだ日本では 不妊治療… 難しい扱いなのでしょうね。
いつか将来保険扱いになった時 国で認められたと実感できるのかな。

もし授かれない結果で終わった時 後悔しないで夫婦二人が笑顔でその後も
幸せを感じながら暮らしていけるように 今 できることを一生懸命してるのですが
周りから見たら ”やりすぎ” ”考えすぎ” に見えるのでしょうね。
ここまでくると 今から頭を真っ白に戻すって 難しいんだよなぁ~

”やめなさい” と言われないだけ幸せと思わなきゃいけないですね。
反省。


nice!(0)  コメント(2) 

高温に入ってから排卵したみたいです

今周期は ちょっと暑さもあったり 先周期のガッカリが長引いてあまり体調が良くありませんでした。
でも とりあえず 予定通りにクリニックで卵ちゃんの様子を見てもらっていました。

前回 クロミッドを飲んでいないのに 30mmほどに大きく育っていました。
そして 基礎体温表は上がってきているのに まだ卵巣におさまっていました。

先生がちょっと心配して 【エストロゲン】の検査をしてくれました。
血液採取です。

そんなんだから そこから今日まで ”ちゃんと排卵したのか” ”エストロゲンの数値下がってませんよーに”
とか いろいろ考えて モヤモヤした気持ちで過ごしました。

今日も緊張して病院の待合室でドキドキしていましたが
エストロゲンの検査結果は 異常なし。
何故か大きく育ってしまっていた卵ちゃんも無事に自力で排卵したようです。
一応 先生に言われた日に タイミングを取ったので 万事休す的な気持ちでホッとしました。

あとは2週間後の判定日待ちです。

病院の夏休みにかぶらない感じで通えてラッキーでした。

近くに妊娠したっぽい方がいらっしゃったので
「妊娠パワーをくださーい!」って祈っておきました。

平日なのに 夫婦で来てらっしゃる方々を見ると
世の中 みんなとても頑張ってるなぁ~と感動しちゃいます。
同じ気持ちの人がたくさんいることにも 勇気をもらえます。

期待しすぎずに でも少々期待して待ちたいと思います。
nice!(0)  コメント(2) 

通院継続に悩む

またまた 新しい周期を迎えることになりました。
先周期は なんとなく いい気配があったので残念でした。

…ということで 気が重い中 新しい周期の第1日目として 不妊クリニックに行ってきました。

「年齢的にも 卵子が老化してくるし どんどん妊娠しづらくなるけどいいの?」って聞かれました。
私たち夫婦は AIHを6回試した後 タイミング法にステップダウンしてるからです。
なんとなく 流れ作業的にそう聞かれて ”いいです” と慌てて答えたけれど
クリニック側としては 40歳目前で ステップアップしない夫婦は 来ないで欲しいと
思うところがあるのでしょうか?

もちろん そんなこと一言も言われていませんが
勝手に 自分の中で そう勘ぐってしまいました。

先日 『卵子の老化』についてNHKで番組をやっていましたが
録画して まだ観ていません。
夫と一緒に観たいから。
疑うわけではありませんが まだうちの夫は ”不妊は女性側の問題” と思ってるかもしれません。
昨日 クリニックで先生に言われたことを報告したら
「なんて言っていいかわからない」って。
そうだと思う。 うん。 私もどう考えていいかわからなくなってるし。
ただ そのセリフには なんだかちょっと 距離を感じてしまいました。

通院を続けるべきか 本当に悩んでいます。

クリニック側がどうあろうと 自分の希望通りにすればいい…ということも頭ではわかっていますが
自分の気持ちが あちこちに揺らいで 定まらない感じです。


nice!(1)  コメント(2) 

初ヒューナーテスト

ブログはサボリ気味ですが 不妊クリニックはまだ通っています。
でも お金がないので AIH→タイミング法のステップダウンしました。
先生も受け入れてくださったのでよかったです。
ステップアップでしか通えないと思っていました。

今月は もう排卵を終えました。
次の生理or妊娠待ちです。

不妊クリニックに通い始めてから いきなりAIHを希望したので
ヒューナーテストはしていませんでした。

結果は 合格。

画面の○~君たちを見せられて どの辺から採取して
どういう結果で…という説明をしてくれました。

顕微鏡からパソコンの画面を通して見たのですが
終わりがけに先生一言
「もっと活発な人は 目で見てもわかる」だって。
(台湾人の先生なので 丁寧語じゃないことが多いです(^_^;)。)

顕微鏡にかけなくても 肉眼で○~君の様子がわかるということでしょう。
でも うちは ”要顕微鏡” 。
まぁまぁということなのかな。

でも 私としては 合格 で夫に報告しました。

ヒューナーテストは 痛いのか?痛くないのか?知らなかったのでちと不安でしたが
全くの無痛です。
子宮まではスポイトのようなものを入れないので 本当に無痛です。
これから受ける人もご安心を。

でも その日 卵管造影検査を受けている人は レントゲン室ですごくわめいていました。
気持ちはわかるけど 詰まっているのかしら…と思うほどの叫びで なんかドキドキしちゃいました。

診察室がかなりOPENなので 他の方の結果が聞こえてきます。
出産かと思うほど大声で痛がっていたその方は 問題なかったようです。
よかった よかった。(^_^)v

ところで…

ここからは愚痴です。
昨日 久しぶりに 子供がいないことで イタタタな思いをしました。

ある人がうちに子供いないことを知らなくて 
姪を連れて歩いていた私を見て 「ご自分のお子さんは?」と聞かれました。
「いないんですよねぇ~」と軽ーく答えると
「いるのといないのとじゃぁ 全然違うんだよねぇ~」 と言われました。

何が言いたいかが わかっているから 悲しくもあり 悔しくもあり
グサッときました。

その方は 本当に深い意味などなく 挨拶くらいの感じで話してくれたのだとわかっていたし
これくらいのことは もう 長い間 言われて 慣れているはずでした。

しかし 久しぶりの直球で その日一日 なかなか笑えない心境でした。
我慢できなくて メールで仕事中の夫に愚痴メールを送ってしまいました。
こういうとき パートナーは接し方が難しいと思うのですが
おいしいケーキを買ってきてくれました。
うちの夫にとっては それが最高の励ましなんだと思います。
本当の 本音は 愚痴を直接話して聞いてもらいたかったけど そこは我慢。
ここで爆発したら 今まで一緒に頑張ってきた 不妊生活にヒビが入りそうで。
仕事終わりなのに 妻のことを考えて 励ましを届けてくれただけでも 感謝感謝です。

あんな小さい一言に負けないで過ごさないと!
と 気合を入れ直したくて ここで愚痴ってみようと思いました。

これを更新したら 心を入れ替えて 前向きに高温期を過ごせるよう頑張ります。o(^_-)o
nice!(0)  コメント(1) 

新しい周期スタート

『次回、生理がきたら3日以内に来てね』
と 言われていたので今日行ってきました。

まだ3日以内だと スタンバイの卵ちゃんたちは
まだまだ小さい感じ。
先生もエコーを診ながら無言…(-.-)。

今回の排卵はクリニックのGWと重なるので
【クロミッド】を5日間飲むことと
夫婦生活の日を指示していただきました。

GWが終わっても排卵してなかったらまた相談。

今日はお子さん連れの方がいました。
かわいいです♪
待っているのは退屈だろうに
『落っこっちゃう!落っこっちゃう!』と
ケタケタ笑いながら遊んでました(^_^)。
子供の笑い声ってなんとも言えない幸せ感♪


少し前に テレビで不妊治療についてやっていました。
その中で “子供を連れて行くのは暗黙のタブー”
と案内されていました。

やはり気分を害される方もいるのかな。
私もやはり羨ましいなとは思います。
でも“タブー”ってほどキツくはないかな。
人それぞれに価値観がありますね。
そういう面でも不妊治療は
とてもデリケートなんだと実感します。

デリケートと言えば
実は私もクリニックで友達らしき人を発見しました。
だいたい待ってる時は 寝てる私には
声をかけるタイミングがわからず
声をかけていいかもわからず
結局 未だに目も合わせていません。

看護師さんが呼んでる名前で気づきました。
もう10年以上年賀状だけの付き合いだけど
『向こうに気づいて欲しい』
なんて考えてる私もネガティブか…(+_+)。
nice!(0)  コメント(0) 

6回目のAIH終了

またまた ずいぶんさぼってしまいました。

だいたいの不妊専門病院だと 6回AIHをすると 体外受精へステップアップを

薦められる…と聞いていたので 3月に6回目のAIHもダメだった私は

”クリニックを卒業” or ”体外受精へステップアップ” のどちらかに

決めなきゃいけないと 散々悩んで 迷って ほぼ 『卒業』の気持ちで

クリニックへ行きました。

 

ところが 私が通っているところでは 一応 6回目くらいで次を考えるということを

説明はするが 薦めたりはしない…とのことで

今後の進路は 夫婦で決めてくればそのとおりにフォローしてくださるとのことでした。

 

結局 夫婦で たくさん話し合って 今はお財布が厳しいので

珍しいかもしれないけど 【ステップダウン】のタイミング法をしばらく続けることにしました。

 

それをふまえて内診をしていただいたのですが

また 残留卵胞があり 消失するまで待つという結論をもらったのと

新しい卵ちゃんたちを育てるための注射をしてもらいました。

 

でも やっぱり前にもあったように 残留卵胞が消失すると

脳がそれを ”排卵” と勘違いして ホルモンを高温期へと導いてしまいました。

新しい卵ちゃんに出会わずに ”見送り周期” 決定になっちゃいました。

 

まぁ しょうがないですね。

 

なんだか いっぱい悩んだ時間の分だけ 心機一転して タイミング法を

元気に続けていきたいとスタートを切ったつもりでしたが

出鼻をくじかれた感じです(^_^;)

 

9日(月)に行って そんな結果だったので もう次の生理まではクリニックへ行きません。

気が抜けるっていうか 「これも年齢のせいなのかな…」とかいろいろ考えますが

どうにもならないことだから 次を待ちます。

 

”ステップダウン” のタイミング法は 正直 授かっても授からなくてもOKの意味です。

今まで5年以上 「これがいいよ!」っていう不妊に関することを

たーくさん頑張ってきたし 自分でもAIHが最終の努力だなって思っていたので

本当に いろんなことをやり尽くしたって気分なのです。

たとえ 授からない運命が待っていたとしても もう後悔しないで受け入れられそうな気がします。

ネガティブな考えかもしれないけど 何も努力しないで愚痴ってるわけじゃないので

自分的には 満足です。

 

あとは 本当に ”運”? どこかにいるかもしれない我が子の意思にお任せします。

通院をのんびり続けながら 気長に待ちます。

 

今 不妊治療を始めようと思っている方がいらっしゃったら

私がクリニックで うるさく言われていることを 少し書いておきます。

* 39歳で急激に卵の質が落ちます。

* 40歳で妊娠率がガクーンと落ちます。

* だから 不妊治療をするなら 1歳でも若いほうがいいのです。

これを繰り返し言われています。

今月39歳になった私は 先生や看護師さん的に

「確率どんどん下がるのになぁ~…」と思われてるかもしれません。

それでも 本人たちの意思を尊重して手伝ってくださることにとても感謝しています。

 


nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る