So-net無料ブログ作成

自己注射11日目の診察

12月2日(金)くらいからお腹の張りと
なんとなく気持ち悪い感じになっていた。
小心者なので成長具合が気になりすぎて
気持ち悪いんだろうな…と思っていた。

そして12月5日(月)再診。
一番大きな卵ちゃんは26.5mmまで育っていた。
今までで一番大きいかも。
どうりで卵巣の張りを感じるわけだ。

「早く採卵してほしいな」と思うくらいの
気持ち悪いさと下腹の違和感があった。
それからいつもと違う感覚は
突然襲ってくる眠気。
夕飯前にものすごく眠くなってソファで横になる…
そんな日が3日続いた。

診察前にやった採血の結果。

エストラジオール 5612.0pg/ml
プロゲステロン(黄体ホルモン)1.22ng/ml

十分な数値らしい。
で、採卵日をあさって水曜日に決定。

今日から排卵を止める鼻スプレー【ナファレリール】は中止。
代わりに夜21:00に【HMG注射】を自宅でお腹に打つ。

いよいよだ。
と思うと妙に緊張してきてしまった。
採卵は3回目。
1回目は採卵個数が少なかったため
意識がある中での軽い麻酔だけだった。
それでも、帰り道ではひどい頭痛でつらかった。

2回目は18個採ったので
全身麻酔で施術後はちょっとお腹が痛かった。
帰り道の頭痛はなかったものの
やはりその日は一日中頭がボワーンとしていて
数日は座るたびに卵巣にチクチク痛んだ。

不妊治療の中で採卵が一番負担に感じる施術。
負担…と言ったら、待ってくれている赤ちゃんに悪いかな。
小心者にとっては緊張マックス、でも頑張るよ。

不安がどんどん強くなり
旦那にも少し冷たくしてしまった。
あとで反省。
自分のことしか考えられなくなっていた。

共通テーマ:妊娠・出産
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。